家を売るのと税金関係

投稿者: | 2017.12.01

自分のもしくは家族が住んでいた家を何かしらの理由で売ることになるケースは誰にでも起きます。しかし家は人生で一番高い買い物とされているように、売る時も多額のお金が動くことになります。お金が動くということは自分達の資産にも変化が起きることであり、それ故に家を売る時は税金に関して考えなければいけません。

家を売る時の税金は売る時に得る金額、譲渡所得がどれくらいかで決まります。これがプラスになれば利益となり、その分お金で入ってくるため確定申告で税金の支払いを考えなければいけません。しかしこの利益を得た時の税金は必ず支払う必要はないのです。

男性税金の控除

税金には控除というものが存在し、それは家を売る時に発生する税金も例外ではありません。
その特定の条件を満たせば特別控除として3000万円までの利益であれば控除をすることができるのです。(参考→高く家を売る研究
実際に利益が出た際の特別控除の条件はどのようなものなのか、それを理解して上手く税金を抑えるようにしましょう。

また控除に関しては利益が出た時だけではありません。
家を売る際に損失が出た場合でもそれを利用して控除を受け税金の支払いを抑えることができるのです。
家は年数が経つにつれて価値が下がるのが基本であり、損失が出るケースも珍しくないでしょう。その時はこの損失が出た時の控除を理解して利用するのがいいです。

しかし家を売るにも様々なケースはあり、該当するかどうか分からない場合もあるでしょう。そのような時は不動産業者と相談するか、実際に税務署へ行き職員に相談してみるといいです。